FC2ブログ

煌塾だより

東中野にある塾からの情報をお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニンジンをつるす

昨日、他塾において、小6の保護者の方々との面談がありました。

10数件、面談しましたが、数多く出てくるのが、
 「本人からやる気が感じられない」
という主旨のお話でした。

どの学年にとっても、この夏休みは大きな成長を期待しますから、
そのわりに本人がのんびりしていると、
保護者の方が不満に思うのは当然です。

ただ、残念ながら、
 「この次期に緊張感を持てる生徒は5%程度」
かと思います。

けど、それで良い訳がありません。

そこで、よく取られる方法が2つ。
1.受験生対象のイベントに参加させる
2.ニンジンをつるす(御褒美をあげる)

「1」の「受験生対象のイベントに参加させる」とは、
具体的には夏期講習や夏期合宿などですが、
正直、講習は誰でも参加するので、本人にもさほど緊張感を与えません。
ただ、ちゃんと通えば学力はつくでしょう。
合宿は、きちんとしたところなら、意識を高めるには好都合なイベントです。
ただ、たいてい合宿は講習の半ばか終わりに設定されるので、
 「成長する夏に向けて意識を高める」
ということに対しては時期が適切でない部分もあります。

「2」の「ニンジンをつるす(御褒美をあげる)」は、
短期的には「今度のテストで○○点(もしくは偏差値で○○)以上取れたら・・・」
長期的には「第一志望の学校に合格したら・・・」、
で、御褒美を設定すればよいでしょう。
ただ、この手を一度使うと、
以後、何をするにもおねだりしてきますし、
 「自分自身のためになる」
という意識が持てなくなりますので、教育上、あまりよろしく無い部分もあります。

受験において、
 「これをすれば、必ずうまくいく」
ということはほとんど無いものの、
 「この子には、今、これが効果的かも」
ということは、十分考えられます。
手探り感は否めませんが、チャレンジしてみる価値はあるかと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koujuku.blog.fc2.com/tb.php/2-5510a381
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。